わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

高橋源一郎『「悪」と戦う』

 また章が変わる。さらに別の(?)世界で高校生になっていたランちゃんは、美少女ミアちゃんに恋をするが、ミアちゃんはランちゃんに激しい暴行をつづける…。
 ランちゃんは、別の世界でさまざまな悪に対峙している。悪と戦っているというわけではない。むしろ、悪を受け入れ、許しているような感覚。許し、受け入れることで、自分自身を変え、相手を変える。……って、スピリチュアルな世界でよく言われていることに近いような。

「悪」と戦う

「悪」と戦う

高橋源一郎の作品はこちら。