わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ゆるい気合い/三鷹を歩く

 六時。少々眠いのだが眠りつづければ頭痛が起きることは必至なので避けなければならない。気合いだ、と、さほど気合いの入っていないゆるめの口調で呟きながら起床。
 午前中はちょっと念入り目に掃除。十二時、カミサンと外出。三鷹駅エキナカにある武蔵野うどんの店「彩花庵」のごっついうどんでささっと手早くランチを済ませ(味と量には満足)、歩いて三鷹市芸術文化センターへ。いかにも初夏らしい、やや厚めの雲とかすみがちの青空。少々汗ばむ。
 文化センター「星のホール」で、ここ数年、年に一度は必ず見ている舞台を観る。土田英生演出、田中美里今井朋彦主演「-初恋」。田中美里は説明不要だろうけれど、今井朋彦はご存じない方も多いはずだが、「エステーの殿様」と言えばすぐに顔が思い浮かぶと思う。詳細別項。
 十六時、舞台終了。三鷹駅から玉川上水沿いの緑が茂る遊歩道を、太宰はこんな道を歩いてはいないんだろーなー、などとと思いながら、歩いて吉祥寺へ移動。すでに満開になっている紫陽花がちらほらと。クチナシの花の香りがどこからか漂ってきたが、発見できず。
 吉祥寺、どえらい人だかり。三鷹が過疎地に思えてくる。ヨドバシカメラマイナスイオンドライヤー、駅ビル「アトレ」に入っているTシャツショップ「Graniph」でTシャツを夫婦あわせて3枚。軽く雨に降られる。西荻窪に移動し、エキチカ「Dila」に新しくできたベーカリー「浅野屋」でパンを購入。これは明日の昼食用。
 夕食は宅配ピザナポリの窯」で手軽に済ませた。