わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

枕水/深淵

 今日も六時起床。枕元に、並々と水を汲んだ花子用の水入れが置いてあった。たぶん、夜中に自分でやったのだと思うが、なぜここに置いたのだろう。わからん。昨夜猛烈に右手首の痛みを感じ、シップを貼り包帯を巻いてから寝たのだが、この不可解な行為と関係があるのかないのかは不明。シップが効いたのか、手首の痛みはやや引いているが、やはり痛む。重いものが持てない。おそらく原因はiPod touchフリック入力。思い立って、あの入力を試してみると絶対に手首が痛くなる。自分にはどうやら合わないらしい。QWERTYキーボードを使ったほうがいいみたいだ。
 八時、善福寺川沿いを6kmほど走る。腕を振るたびに手首が痛むのではないかと少々心配したのだが、杞憂。ただし、痛みのなさと体の軽さ、足の速さはあまり関係がないらしい。前半は体が重くて重くて、わずかな坂や向かい風がしんどくてたまらなくなる。だが折り返したあたりから、軽くなって絶好調、というほどはないが重さは消えた。カルガモセグロセキレイムクドリ(なぜか大群)、ヒヨドリオナガシジュウカラ(声のみ)、猫、犬、日曜ランナー多数、ウォーキングジジババ多数。
 シャワー後、掃除。十一時過ぎ、カミサンとクィーンズ伊勢丹へ。食材を少々。
 浅野屋のパンと、カミサンが焼いた玄米パンで昼食。浅野屋、日本人好みの洋風パンという感じ。また買ってみよう。
 午後からは書斎で作業。といっても仕事ではなく、住んでいるマンションの管理組合の会計事務。
 夕方、またまたカミサンと外出。ミネドラッグでシップ、手首用サポーター、エビオス畳、パイプクリーナー、洗剤など。スーパーと生協で、夕飯用の食材。エビなど。
 夕飯はメインだけつくった。手抜きエビチリ、わかめスープ、お手軽棒々鶏。エビチリ、辛さひかえめにしたつもりなのに、なぜか辛かった。味の世界は奥深い。

ケンタロウのいえ中華 ムズカシイことぬき! (講談社のお料理BOOK)

ケンタロウのいえ中華 ムズカシイことぬき! (講談社のお料理BOOK)