わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ヴァージニア・ウルフ/鴻巣友季子訳『灯台へ』

 ラムジー家の居場所、家族構成、ダンナの職業、そして夫人のこだわりと悩み、などなど、徐々に明らかになってくる。明らかになることの内容よりも、それを語るために費やす言葉自体の数、そしてそれを語るためにどうしても必要不可欠なさまざまな登場人物の内面描写の数、が圧倒的に多い。大きな感動は今のところこれといってないというのに、小さな感心と関心は常に感じる。はじめての読書経験かも。

ヴァージニア・ウルフの作品はこちら。
鴻巣友季子の作品はこちら。
池澤夏樹=個人編集 世界文学全集はこちら。