わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ヴァージニア・ウルフ/鴻巣友季子訳『灯台へ』

 ラムジー夫妻の様子から転じて、海辺に遊びにいった学生たちの様子が描かれている。恋の告白だの、ブローチなくしただの。そして彼らの帰宅後のディナー。昨日紹介した部分から一変して、ラムジー夫人の、夫への冷め切った態度が描かれている。なんでこの人を好きになったんだか忘れちゃったよ、みたいな。起こっていることは地味でありきたりなのに、その背後に隠れた心理が呆れるくらい移り気で、それが多元的に描写されているから、作品全体がどんどん混沌としていく。不思議だなあ。
 それにしても、速く読めない……。ホント、読みにくい。

灯台へ (岩波文庫)

灯台へ (岩波文庫)

ヴァージニア・ウルフの作品はこちら。
鴻巣友季子の作品はこちら。
池澤夏樹=個人編集 世界文学全集はこちら。