わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ヴァージニア・ウルフ/鴻巣友季子訳『灯台へ』

 ディナーパーティーの様子。若気の至りで攻撃的に自己主張する大学生のにーちゃんだの、そのにーちゃんに論戦をしかけようとするオッサンだの、それを不快に感じつつ冷ややかに観察するオールドミスの画家だの、困りつづけるラムジー夫人だの、コース料理が終わってからスープをおかわりするジジイだの、それを見てマナーがなっとらんと激怒するラムジー氏だの、と書き連ねると滑稽なのだが実はありふれている、ごくごく普通な人々を、異様な観察力で緻密かつ多元的に描いているのだが、読み手はすぐに思考がとっちらかってしまう。

灯台へ (岩波文庫)

灯台へ (岩波文庫)

ヴァージニア・ウルフの作品はこちら。
鴻巣友季子の作品はこちら。
池澤夏樹=個人編集 世界文学全集はこちら。