わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

Happy Birthday

 五時五十分起床。なぜかむずかる花子をなだめながら身支度をし、早朝から仕事をはじめる。黙々と作業を進め、十時を過ぎたところで、さて掃除機でもかけるか、と一度手を休めたのだが、ここでまだカミサンが起きてこないことに気づく。様子を見にいくと、眩暈がして起きられん、という。おそらくロルフィング好転反応ではないか、と本人。ロルフィングは合計10回のセッションが終了しても、一年くらいは体にすこしずつ変化が起きつづけ、バランスが完全に取れたところで落ち着くらしいのだが、カミサンの場合は首まわりに反応があると眩暈が出てしまうようだ。午前中は寝る、というので寝かせておいた。しばらく寝たらよくなったようで、昼前には起き、昼食をつくってくれた。ありがたい。
 ちなみにカミサン、今日は誕生日だ。
 夕方、飯田橋へ。某代理店にて打ち合わせ。終わったころには陽が落ちていた。サーモンピンクが西の空に、ミルフィーユみたいに層になったり、まっさらの紙に薄く溶いた絵の具を落としたときのようなまだらになったりと、部分部分でまったく違うにじみ方をしながら広がっている。ガキのころにはまったくお目にかからなかった色彩の美しさに、感動と違和感を同時に覚えた。
 夕食後は荻窪ルミネで買ってきたケーキを食べて誕生日を祝った。


↑あんまりサーモンピンクには見えないなあ。