わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

松浦寿輝「竹林まで」

「群像」7月号掲載。出だし数ページだけ読んだ。作家「平岡」を主人公にした連作短篇を書いているようだが、この「平岡」って、やっぱりモデルはミシマなのかな。もしミシマが自決せずに現代もいきつづけていたら。そんなことなのかなーと思ってみたり。

群像 2010年 07月号 [雑誌]

群像 2010年 07月号 [雑誌]

群像 2010年 08月号 [雑誌]

群像 2010年 08月号 [雑誌]

半島 (文春文庫)

半島 (文春文庫)

松浦寿輝の作品はこちら。オススメは『半島』かな。さわやかな感動を、ということであれば、アニメ化もされた『川の光』。エンタメっぽいのを、ということなら『巴』。入手しにくいけど。