わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

梅雨の空

 五時五十五分起床。涼やかな朝がつづいている。梅雨寒という言葉があるが、ここ数日の朝の空気は季節外れな梅雨の寒さ、という感じではない。季節外れではなく、季節が完全に失われている。ここ数年、そう思うことが多くなった。とりわけ朝に多いようにも思える。なぜだろう。
 十時、外出。厚い雲が風に煽られて緩やかに形を変えてゆく。雲が流れる、というよりは、混ぜっ返されている。風にどれほど煽られようと、雲が途切れることはない。時折わずかな隙間を見せ、そこから濁りのある金色の光が、四方八方に散るように差し込んでいる。
 十一時、飯田橋にて打ち合わせ。
 昼食は荻窪ルミネの「まい泉」。メンチカツの誘惑に負けてしまった。ふだん、昼食で肉ガッツリなんてことは滅多にないのだが。
 十四時、帰社/帰宅。書斎に籠もり、扇風機の風を全身に受けながら仕事。二十時、終了。