わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

手のひらの上の骨壺

 二時三十分、麦次郎の大声で目が覚めた。つづいてカミサンの声。花子が、花子が、と騒いでいる。どうやらぼくがトイレに行ったとき花子をパーテーションとドアの間に閉じ込めてしまったらしい。慌てて通してあげる。花子はそのまま、部屋の片隅の見えないところに消えてしまった。
 六時起床。消えたはずの花子、枕元で一緒に寝ていた。
 雨は上がっている。ベランダから空を見上げる。灰色のまだらな雲が、南から北へゆっくりと流れて行く。空の流れ、風の流れ、雲の流れ。雲の流れというのは、同時に水の流れでもあるのだなあ、などと呑気なことを考えてみた。
 八時過ぎ、ランニングへ。気温は高いようで、長袖のランニング用Tシャツはすぐに汗で重たくなり、身体はどんどん蒸れ始めた。袖をまくらずにはいられない。家に帰ってシャワーを浴びたら仕事をはじめるつもりだったので今日は4kmくらいを軽く、と思っていたが、走りはじめると止まらなくなり、セーブしなきゃ、セーブしなきゃ、と言い聞かせながらも、ついつい6.4kmも走ってしまった。しかも、いつもよりペースが速い。ハクセキレイセグロセキレイカルガモオナガガモキンクロハジロコガモヒヨドリ、スズメ。ボルゾイミニチュアダックスフントシベリアンハスキー、雑種犬多数。散歩する中高年、走るオッサン、走るねーちゃん、暴れる子ども、公園で太極拳する中高年の集団。
 仕事。さほど時間をかけずに終わらせられるだろう、と思っていた案件が意外に手こずる、というパターンがここしばらくつづいている。逆に、手こずりそうな案件ほどスムーズにまとまる。どういうことなのだろう。
 焼きそば、焼きうどん、たこ焼きという、炭水化物とソースの味で頭がアホになりそうな組み合わせの昼食。
 午後も仕事。
 夕方、カミサンと義父母宅へ。桃子がなくなってから初めての訪問。手のひらに載るくらい小さな骨壺が、ハンカチに包まれて大事そうに飾って(祀って?)あった。義父母、二人とも悲しみを引きずっているようなそぶりは見せず、いつもとおなじ感じ。安心した。
 せめて土日はできるだけ料理したいのだが、忙しいのでカミサンにつくってもらった。鶏のトマトソース煮。うますぎ。