わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

堀江敏幸「燃焼のための習作」

 雑談の一つ一つが登場人物たちの個性を際立たせ、内面を少しずつ掘り下げていく……。遠回りな小説。いかにも堀江さんらしい。

群像 2012年 01月号 [雑誌]

群像 2012年 01月号 [雑誌]

いつか王子駅で (新潮文庫)

いつか王子駅で (新潮文庫)

堀江敏幸の作品はこちら。