わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

保坂和志『明け方の猫』

 表題作読了。存在論、認識論、そして輪廻転生思想がカオスとなり、中途半端な状態で作品は終わる。テーマ(おそらく偶発的にそうなってしまっただけで、このテーマで書こうとしていたわけではなさそうなのだが)といい、終わり方といい、かなり気に入っている。

明け方の猫 (中公文庫)

明け方の猫 (中公文庫)

明け方の猫

明け方の猫

保坂和志の作品はこちら。