わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

古井由吉+中村文則「予兆を描く文学」

「新潮」八月号掲載。「予兆を描く」というよりは、「反復から予兆を見つけ出す」という感じだろうか。その行為自体がもつ迷いだの揺らぎだのが文学もとい言葉に与える影響は大きい。
 中村文則文芸誌の短篇くらいしか読んだことないな。今度、がっつり読んでみるか。

新潮 2012年 08月号 [雑誌]

新潮 2012年 08月号 [雑誌]

古井由吉の作品はこちら。
中村文則の作品はこちら。