わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ライフワーク

 六時三十分起床。雨音も湿った空気も感じられず、唯一感じているとすればそれは自身の脳味噌の奥のあたりからなのか、それとも体の芯のあたりからなのか、よくわからんが、強い眠気だ。寝入りっぱな、うとうとと落ちかけては猫に騒がれて起き上がり、を五度六度と繰り返したからだろうか。
 身支度、ドウブツの世話、掃除。土曜の朝はある程度の家具をどかして念入りに掃除機をかけるのが恒例だが、仕事があるのでいつもどおりのかけ方にした。それでも掃除機はかなりのゴミを吸い込んでいるのではないか。一日一回必ずかけているとはいえ、猫二匹、トリ一羽、人二人ほぼ終日在宅、とくれば、抜け毛だのフケだの服の繊維の擦れから出た埃だの、と相当のゴミが出るはずだ。放っておけば、喘息にさわる。週一回の念入り掃除は、おそらく生涯つづけることになるだろう。ライフワークか。
↓わが家の掃除機、ミーレの「キャット&ドッグ」。ドイツのメーカーです。パック式。特殊繊維のパックと活性炭フィルタで排気がキレイ。
[rakuten:city2:10007321:detail]
 カミサンがお台場?で買ってきた讃岐うどんで昼食。玉子ぶっかけにした。うどんは讃岐に限る。足らなかったので素麺を茹でてにゅうめんにして食べた。素麺にはこだわりはない。好物だが。
 昼寝。集中豪雨のような雨音で目が覚める。家の裏手が善福寺川だから雨音は少し強いくらいでもかなり増幅されるのだろう。とはいえ、雨が激しいことに変わりはない。吉祥寺に行く予定だったが、雨が止むまで待つことにした。
 十五時、雨がやんだのでカミサンと吉祥寺へ。ドライヤーが壊れてしまったので、ヨドバシカメラで物色。売り場でスマホからAmazonで検索してみたらパナソニックの型落ちになったナノイー搭載モデルが格安で売られていたので、ヨドバシのドライヤー売り場にいたまま、即ポチってしまった。「週刊日経トレンディ」のポッドキャストでも触れていたが、最近はこういう客が多いので、量販店もネットの安売りを引合に価格交渉されれば以前より応じやすくなってきているようだ。その後、東急裏を軽くぶらつき、パンだの石鹸だのを買ってから吉祥寺を出た。西荻で、ギャラリーカドッコで開催されている妖怪展を観てから帰った。
 帰宅後、少しだけ「27時間テレビ」を観た。「笑っていいとも!」の歴史をやっている。80年代のタモリはとにかく弾けていて、番組も自由過ぎてスサマジイ破壊力がある。あれを久々に観ることができてうれしかった。80年代は軽薄軽薄と評されがちだが、今の時代よりよほど破壊的かつ創造的。
 夕食は、帰りがけに立ち寄ったコープで売っていた串揚げセット。なかなかうまいじゃないか。