わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

古井由吉『人生の色気』

「第四章 七分の真面目、三分の気まま」。遊びの要素、カオス的な要素がなければ、行き詰まる。単純な話だが、社会に出ればいつしか三分のほうは、忙殺される中で仕事だのなんだのに押しつぶされる。ごもっとも。
 後半は古井さんによる男女交際論、って感じか(笑)。

人生の色気

人生の色気

古井由吉の作品はこちら。