わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

古井由吉『聖』

 初期の傑作長編。読んだことなかったけど。
 東京オリンピック前の時代。登山中、突然の雨に遭難しかけた「私」は、地蔵が祀られた小屋の中で一夜を過ごすのだが……。
 ちょっと青臭い感じがしないでもないが、緻密な文体にまず圧倒される。

聖;栖 (新潮文庫)

聖;栖 (新潮文庫)

聖―ひじり (1976年)

聖―ひじり (1976年)

古井由吉の作品はこちら。