わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

古井由吉『聖』

 妙な風習の話から、佐枝による祖母の介護話へ。当時は「介護」という単語が定着してないようで、そのためなのか、いや、古井さんならでは、ということなのだろうが、老人を介護する佐枝の描写が素晴らしい。突っ込んで状況を描写したり心情を掘り下げたりしているわけではないのに、状況も心の変化も手に取るようにわかる。

聖;栖 (新潮文庫)

聖;栖 (新潮文庫)

聖―ひじり (1976年)

聖―ひじり (1976年)

古井由吉の作品はこちら。