わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

放心の鴉

 六時三十分起床。雨は降っていない。相変わらずの曇り空だが雨雲のような重苦しい表情はない。身支度、ドウブツの世話、掃除、「仮面ライダーフォーゼ」、そしてランニングへ。善福寺川緑地方面へ、約9kmを53分で走る。緑地公園内はセミ、セミ、セミ。犬の散歩、ウォーキング、ランニング。スズメ、カルガモ、ドバト、カラス。カラスがぽかんと口を開けて川沿いに設置された手すりの上で放心していた。直射日光はないので先週ほどの苛酷さはないが、それでも後半は脱水症状気味でペースダウンしてしまった。自販機で機能性飲料を買って(走りながら)飲むとすぐに回復。ペースはすぐに戻った。
 坦々つけ麵で昼食。足らなくてトーストを三枚追加。馬みたいに食べてる。
 一時間ほど昼寝してから、散歩を兼ねた買い出しへ。午後からは陽射しが強くなり、気温もかなり上がってきたようで、まぶしさと暑さと、両方に辟易しながら、日陰日陰と、影踏みするような気分で歩いた。コンビニでアイスを買い食い。
 帰宅後、おはぎでおやつタイム。
 夕食は野菜すりおろしチキン手羽元カレーをつくった。市販のルーは使わず、カレー粉をベースにスパイスをオリジナルで調合して仕上げた。刺激と爽やかさの同居した夏の味。