わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

中上健次『異族』

 右翼、ヤクザ、暴走族、帝国主義の亡霊、暴力。階級やら階層やらはあるが、どうやら差別はないようだ。
 なんとなく政治的な味付けが濃いというか。大江健三郎っぽいというか。あそこまで優等生的ではないけれど。

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)

異族

異族

中上健次の作品はこちら。『千年の愉楽』が映画化されるよ。