わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

中上健次『異族』

 右翼のボスと面会する青痣の六人。アイヌ、在日朝鮮、沖縄…とそれぞれ民族的なアイデンティティを持つほかのメンバーと違い、自己のルーツが「路地」という失われた場所にあるタツヤは、「てんのう陛下万歳」によって自己を救ってもらおうとしている。今のところ、自己の崩壊、と読めなくもないし、再出発、とも読めなくもない。

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)

異族

異族

中上健次の作品はこちら。『千年の愉楽』が映画化されるよ。
中上健次 (別冊太陽)

中上健次 (別冊太陽)