わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

柳宗悦『雑器の美』

 高校時代、現代文の教科書に本作が載っていた。衝撃的な内容だった。美のあり方、見つけ方を教わった気がした。ところが、作品のタイトルは覚えていたが作者をすっかり忘れていた。短い評論なので、おそらく探してもうまく見つけられないだろうなあ、と長年放置していたのだが、つい先日、AmazonKindleストアに0円(著作権切れ)で登録されているのを見つけ、即ダウンロード。二十年ぶりくらいだろうか、念願の再読をした。緻密に積み上げられた(民族運動における?)美学の論理性のスキのなさに感服すると同時に、随所に現れる美しい文章表現にも心打たれた。

雑器の美

雑器の美

民藝とは何か (講談社学術文庫)

民藝とは何か (講談社学術文庫)

柳宗悦の作品はこちら。