わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

おあずけ

 五時四十五分起床。雪は雨に変わりやがてやんだが雨が雪を溶かしてくれたわけではなく、外は一面の銀世界、とまではいかないが、単純に驚ける程度の雪化粧はしている。積雪は10センチを超えている。
 浴室のリフォーム工事初日。案の定、工事会社が時間通りに来ない。道路が大渋滞だったようで、予定から四時間も遅れて到着。やれやれ。
 午前中は後楽園にて打ち合わせ。解ける雪、積もる雪、凍りついた雪、と場所によってまったく異なる状態の雪を見極めながら、転ばぬようにそろりそろりと、しかし急いで駅まで歩く。この歩き方、そして神経の使い方のせいだろうか、ひどく疲れた。午後は書斎で工事の音を聞きつつ、そしてぐずる花子をなだめつつ、仕事。猫の面倒を見るために、義母が来てくれていた。ありがたい。
 風呂はおあずけ。読書はこれから。