わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

十七分の一の乾燥

 六時二十分、昨日と同じように咽喉がカラカラに渇いた状態で起床。窓にはまったく結露がない。十七年このマンションに住んでいるが、ここまで乾燥した冬は初めてだ。十七分の一の乾燥。
 空は晴れ渡っているが、雪はまだかなり残っている子供たちが日の当たらぬ路肩につくったいびつな雪だるまは、まだなおしぶとく残りつづけている。しかし少しずつではあるが溶け、排気ガスやアスファルトの粉塵で少しずつ黒ずんでいく。
 土曜だが、早朝より仕事。アイデアは浮かぶが、それを活用していいものかどうか、その判断がなかなかできない。うめき声ばかりが漏れる。何度もキーをたたいてはdeleteしたり、⌘zで取り消しをしたり、を繰り返すうちに昼になってしまった。カレーライス。
 午後も仕事をするつもりだったが予定を変更して吉祥寺へ。義母の誕生日プレゼントなどを購入。
 夕食はメンチカツで有名なサトウ精肉店の串カツを食べた。