わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

中上健次『異族』読了

 中上の遺作。未完である。未完の作品に対し、これ以上論じるのは無粋。当然ではあるが、最後まで読んでみたい、と強く思った。
 中上没後、二十年以上が経つ。部落差別とは異なる差別の発生、グローバリズムナショナリズムの奇妙な混在、ネット右翼の台頭、アジアにおける日本の立場・地位の変化。中上がもし現代を生きていたら、どんな作品が生まれるのだろうか。ま、タラレバを語ってもしかたないんだけどねえ。

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)

異族―中上健次選集〈2〉 (小学館文庫)

異族

異族

中上健次の作品はこちら。『千年の愉楽』が映画化されるよ。
中上健次 (別冊太陽)

中上健次 (別冊太陽)