わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

しみる花冷え

 五時四十五分、朦朧と起床。枕元で騒ぐ猫の声だの足音だの者を落とす音だので何度も目を覚ましていたので眠った気がしない。
 陽射しの明るい朝。かすむ雲が薄くたなびく空は明らかに春の表情。しかし室内はやや肌寒い。
 仕事。十時過ぎ、外出。税理士の事務所、そして銀行。午後は書斎で作業。十六時過ぎにはめどが立ったので、事務処理を進めた。
 十八時、散歩へ。日が落ちるとたちまち気温が下がり、花冷えという言葉がいっそう身にしみてくる。散る桜がやたらと目に付くが、椿の花がぼとりと路面に転がっているのも目に付いた。