わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

多和田葉子「献灯使」

「群像」8月号掲載。環境は壊滅的になって東京には人が住めなくなり、経済は破綻、高齢化は極端に進んで100歳で普通の老人、どうやら寿命は120歳以上という状況、若者は職に就けず、子供たちはカルシウム不足、生きる力をほとんど失いかけており、国際問題もややこしいことになって鎖国状態にある日本に住む100歳を超えているらしい老作家とその曾孫の物語。多和田葉子らしい文体が、過酷な状況を淡々と語る。

群像 2014年 08月号 [雑誌]

群像 2014年 08月号 [雑誌]

多和田葉子の作品はこちら。