わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

時間は一直線に進むのさ。皮膚感覚的には蛇行してるけどさ。

 六時三十分起床→ふとんを干す→掃除→鷲田清一『〈ひと〉の現象学』の「自由」の章を読む(読書日記はあとで)→昼飯(納豆他)→インコのぷちぷちが換羽で頭に米粒大のハゲが二個もできてしまった→二十分だけ昼寝→カミサンと文具店トナリノのお隣の店先に来ている「みたかプリン」を買いに行ったらもう売り切れ→西荻散歩に突入→トナリノでカミサンがペンケース購入→松庵のアパレルショップみたいなところで週末限定で売っていた炭素なんとか農法のサツマイモと猫柄の手ぬぐいを購入→ぼぼりでアイスクリーム→エキナカヤオヤでセリとか→西荻案内所で少し店員さんとおしゃべり→イトチの店先で餅つきやってた→コープでキャベツとか→探偵ナイトスクープ→ランニング11.6km→風呂→夕食、セリの煮浸しがうまかった→もいっかい風呂→風呂で長野まゆみ「まるせい湯」(まだ読み終わらない)→麦次郎いじり→日記(いまココ)

f:id:catkicker001:20150412162141j:plain

群像 2015年 05 月号 [雑誌]

群像 2015年 05 月号 [雑誌]

 

 長野まゆみの作品はこちら。

 

<ひと>の現象学

<ひと>の現象学

 

鷲田清一の作品はこちら。