わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

決壊と夏やせ

 六時起床。昨夜は善福寺川が決壊寸前になり、マンション前に土嚢を積むべきかでちょっと迷ったのだが、結局積まなくても大丈夫ではあった。その睡眠不足か、寝起きはよくない。だが、起きてしまえばおなじだ。いつもとおなじことをする。

 朝晩、体組成を計測するのが習慣なのだが、夏やせだろうか、8月になって体重が1kgだけだが落ちた。体脂肪率も1~2%、内臓脂肪レベルも1ランク落ちた。走ってはいない。というか、膝の故障のせいで走れない。膝に負担がかからないレベルで筋トレをしているだけなのだが。不思議だ。

 仕事。強弱の激しい気まぐれな夏の雨の音に時折集中力をそがれながら、某案件の企画書を作成。

 うどんで昼食。

 午後も某案件の企画書。しっかり細部まで詰めていたつもりの部分が、いざ作成にとりかかると、ボロが出る。つくろえばつくろうほど、他に影響がでる。服のほころびが気付けばどんどん広がっているような感覚。それでも、夕方にはなんとか形にできた。

 十七時二十分、整骨院で膝の治療。かなりよくなっているが、まだ少し不安定とのこと。八月いっぱいは走れないかな。

 夕方は疲れてしまって仮眠。整骨院で全身の調整をしてもらうと、必ず眠くなる。

 夕食後は少しだけ仕事。別の案件の赤字が届いた。明日はこれに没頭することになりそう。