読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

さらっさらの鳥とベッタベタの床/高速の代償

 五時三十五分、どうせ叫ばれ起こされるんだから、と、だらける麦次郎の先手を打つように起床し、ごはんを与えようとしたら、用意をしているあいだにアオオオオオーンと鳴かれた。早朝から敗北者の気分だが、実際のところはぼくは何者にも負けてはいない。でも悔しいので麦の腹をウリウリしてやった。

 また「あまちゃん」の再放送を観てしまう。その流れで「まれ」。やっぱり比べちゃうよな。以下略。

 麦次郎、皮下輸液170cc。ぷっちゃん、いつも通りのお薬。朝は陽射しが差していたが、昨日で懲りたのか、今日は水浴びをしなかった。薬を溶いた水で、羽毛がぺったりと体に張り付くほどびっちゃびちゃになったのだから、今日はさぞかし全身がベッタベタだろうと思っていたが、毎朝恒例の体重測定の時に握ってみたら、意外にもさらっさら。しかしカゴの外の床が、ベッタベタに汚れていた。水をはね飛ばしていたからなあ。

 仕事。ぼくの仕事は広告宣伝や販売促進に関わる言葉の開発と企画の立案のはずなのだが、どういうわけか、販促企画の延長、ということなのだろうか、ビジネスモデルのアイデアを求められることが増えてきている。今日もそんな、不思議な仕事にとりかかるのだが、全然アイデアが広がらない。だが作業途中でこれはアイデアを広げるのではなく、ガッチガチに固めた一案を出すべき仕事なのかもしれない、と思い直し、開き直ることにした。

 西荻窪の老舗ベーカリー「アンセン」のパンで昼食。

matome.naver.jp

 午後は午前中とは別の案件にとりかかる。こちらは単純作業が中心だったので、TBSラジオ「たまむすび」を聞きながら手を動かした。コピーを書いている時やアイデアを出している時は音楽すらかけないことにしているのだが、他の、脳みそに余裕がありそうな時は別だ。赤江のたまちゃんと南キャン山ちゃんのかけあいに笑いながら手を動かした。十五時三十分、なんとか収束。

 夕方は、昨日つくった鶏トマトシチューの残りに、さらに鶏肉を、そしてエリンギと炒めタマネギ、カレー粉を加え、カレーに変えてしまった。これは明日の夕食用。今日はピザと決めている。サラダだけつくっておく。キャベツの千切り、どこまで高速化できるかに挑戦していたら、左手の人さし指を切ってしまった。といっても皮膚が削れただけ。でも血は出た。痛くないしダイジョブだろ、と思っていたが、なっかなか血が止まらない。コットンとテーピングできちんと止血をしたが、ちゃんとしたばんそうこうがないことに気付く。

 夕方、散歩を兼ねて買い出しへ。駅前の薬局でバンドエイドのキズパワーパッドを購入。キズの治りが早くなる魔法のバンドエイド。ちょっとお高いのだが、効果絶大なので、比較的キズが深い時や血が止まりにくかった時に使っている。

 

 

 

 

 横浜に行っていたカミサンと合流して帰宅。イオンリカーで輸入物の冷凍ピザを買って帰宅。ポルチーニ茸のピザが驚異的な美味しさで驚いた。