わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

筒井康隆「モナドの領域」

 テレビ番組は若干荒れつつも終了。そしてまさかのメタ・フィクション宣言。いやあ、このシーンは本当に(学問としての哲学的に/思想史的に)おもしろかったわあああ。

新潮 2015年 10 月号 [雑誌]

新潮 2015年 10 月号 [雑誌]

 

筒井康隆の作品はこちら。