わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

はかなかった

 四時、騒ぐ麦次郎にゴハンを与えたらすぐに吐いた。昨夜も吐いている。吐くのは猫の習性、そして麦次郎は普通の猫よりも胃弱気味なのでよく吐く。だから気にすることはないのだろうが、年寄り猫だということを考えると、ついつい気にしてしまう。だが、やはりなんともない。いつもどおり五時半ごろにまた叫ばれてしぶしぶ起床。身支度やらトイレの始末やらゴミ出しやらぷっちゃんのカゴ掃除やらをしている間、部屋中をうろついてはアオーンアオーンと野太い声で鳴き散らしている。そしてゴハンを催促する。二度の目の朝食、今度は吐かなかった。

 ぷちぷちは問題なし。テンションがかなり上がっている。明日は通院。お腹腫れてるけど問題ないですねー、と言われて診察時間三分で終わるのだろうか。

 仕事。某案件の企画書。株式会社と一般社団法人の双方がからんでいるので、営利なのか非営利なのか、公益なのか私益なのか、だんだんよくわからなくなってくる。

 午後、外出。某社に常駐してクリエイティブディレクターをしている某氏の紹介で企画案件をご依頼いただいた某メーカーを初訪問。守秘義務があるので何も書けないのだが、とんでもないものを見せられた。これにかかわれるのは幸せなことだ。

 十七時、某社へ。入り口でサラリーマン時代の先輩とばったり。この先輩も会社を辞めて社内結婚した奥様といっしょに独立起業した。ぼくのところとおなじだ。ご紹介いただいた方に簡単にご報告し、別の案件の打ち合わせ。

 十九時、帰社/帰宅。雑務を処理し、立て込んだスケジュールを整理していたら、あっという間に一時間が過ぎた。録画しておいたドラマ「孤独のグルメ」を観ながら夕食。納豆オムレツ

 夜もメール対応がちょこちょこと。コシを据えて作業する時間がほしい。走る時間もほしいけど(今週末は天気悪いしなあ…)。

 

すべての仕事はクリエイティブディレクションである。

すべての仕事はクリエイティブディレクションである。

 

 

 

孤独のグルメ2

孤独のグルメ2

 
孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 
孤独のグルメ 巡礼ガイド2 (扶桑社ムック)

孤独のグルメ 巡礼ガイド2 (扶桑社ムック)

 
孤独のグルメ 2016年 カレンダー 卓上

孤独のグルメ 2016年 カレンダー 卓上

 

↑コレ、どんな絵柄なんだろ(笑)。