わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

トゲトゲの背中、切ない背中

 六時二十分起床。例によって、麦次郎とぼくの睡魔の激しい戦い。起きてからは、ゲロを吐き、トイレに入るもウンコが出ないといって気持ち悪くなった肛門をカーペットになすりつけ、水を飲んでは大声で叫ぶ。

 ぷちぷちは朝から元気ではあったが、カゴ掃除の際に身体をぎゅっと握り、肛門にこびりついた糞をはがしてあげたら途端に不機嫌になった。食欲はある。体重の変化はなし。糞の色も良好。

 

↓療養用カゴのフタ(ガルウィングのように上に開く)に止まるぷっちゃんの後ろ姿。お腹が腫れているのがわかる。

f:id:catkicker001:20151213232928j:plain 

 仕事。某案件のコピーを黙々と。ゆるやかに、弱い雨が降りはじめる。雲は明るく、風はない。

 昨日のトムヤム鍋の残りの汁にラーメンの麵を入れて昼食。スイートチリソースがよく合う。

 午後は、午前中の案件が一段落したので、某案件のために資料として映画を観る。2002年の『ゴジラ×メカゴジラ』。ぼくの好きな(って熱狂的なファンというわけではないが)釈由美子が主演。女性自衛隊員を演じている。メカゴジラは昭和ゴジラの時のような宇宙人の兵器としてではなく、たびたび国土を襲われる日本政府が開発した対ゴジラ兵器として登場する。釈ちゃん演じる主人公は、このマシンの操縦者という位置づけ。ミサイルだのレーザーだので滅多撃ちにされるゴジラが可哀想で仕方がないと思うのは、自分が動物好きだからだろうか。ラストシーンのゴジラのトゲトゲがいっぱい生えた背中が切ない。

 

  夕食は久々にぶり大根をつくった。下茹でも含めて、なんだかんだで一時間くらいかかったかな。味はしっかり染み込んだ。作り方の工夫は特になし。次回はアラをつかってみようかな。

f:id:catkicker001:20151213200529j:plain