わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

テキスタイルの新鮮

 水分を大量にとった記憶などないのに、三度もトイレに起きてしまった。昨夜の念入りなストレッチのせいで老廃物排泄モードのスイッチがオンになったのだろうか。それともただの膀胱炎か。炎症という感覚はない。わからない。

 五時四十五分起床。ムラの強い曇り空。朝日を透かせて濃い印影が立ち上がり、ゆらゆらと揺れているように見える。麦次郎、おしっこ軽く失敗。被害は軽微。

 風邪はかなり抜けたようだ。喉の痛みはない。だが、痰が絡んでいるような感覚だけはしつこく残っている。実際に絡んでいるのだろう。

 仕事。あれこれメールでの納品だの郵便での発送だのを済ませ、某案件の資料の読み込み。

 昨夜の鍋の残りでつくった雑炊で早めの昼食、そして外出。厚めのロングコートを着たが後悔してしまうくらい、寒さは感じない。

 十三時三十分、大崎にて某案件のプレゼン。デザイナーT氏が大きなうっかりをやってしまっていたのをぼくが外出直前に発見。T氏、大慌てで対応してくれた。おかげで提出はまったく問題ナシ。

 次の打ち合わせは表参道、十七時三十分。ゲートシティ大崎のスタバで九十分ほど時間を潰す。コーヒーを飲みながら資料の読み込みをしていたのだけれど。

 渋谷へ移動。久々のスクランブル交差点に目を回しながらロフトへ向かい、水性(ゲルインキかも)ボールペンを購入。ジュンク堂へ移動し資料を探すが、見つからず。何も買わぬまま店を出て、表参道へ向かう。まだわずかに時間があったので、スパイラルで開催していた女子美のテキスタイル展をチラリと覗く。大胆だったり奇抜だったり、いかにも学生らしくて新鮮でイイ。出展している学生らしきおねーちゃんに作品一覧のリストを渡された。字面が叙情的。

 十七時三十分、某案件の打ち合わせを二時間。久々にお会いしたプロデューサーMさんの他は、デザイナーもディレクターも初めてなのだが、アイデアはしっかり出せ、方向性も見えてきた。いい感じ。

 二十時過ぎ、帰宅。夕食は妻が鮭のムニエルをつくってくれた。うまし。

 現在二十三時十五分。まだ痰が絡んでいる。うーむ。

 

f:id:catkicker001:20160208171004j:plain

f:id:catkicker001:20160208171021j:plain

f:id:catkicker001:20160208171123j:plain