わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

カズオ・イシグロ/土屋雅雄訳『わたしを離さないで』

 ルースとの、なんとなくあまり思い出したくないような、心の暗い部分に潜ませたままにしておいたほうがよさそうな、ちょっぴりデリケートな思い出。しかし、子どもらしい無邪気さもある。その無邪気さが、大人たちの(まださっぱりわからない…ということにしておくけど)企みと対比され、強調される。無邪気さという名の悲しみ。

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

カズオ・イシグロの作品はこちら。