わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

意外に仕事以外のことも

 五時四十五分起床。今日も慌ただしく身支度し、麦次郎は静かで、妻は外出、ぼくはひたすらデスクに張り付いて仕事をし、「あさが来た」はあと二話で終わってしまって、仕事は思いがけず順調で、めずらしくほとんど電話は鳴らずメールもまばらで、ぼくがつくったパンフレットと妻の初の書籍の見本誌が届き、レトルトのカレーで昼食を取り、麦次郎はずーっとぐーすか寝ていて、でも少しだけ騒いで、だっこしてあげて、それとは関係なくなんだか目がかゆくて、新宿伊勢丹のワイズからDMが届き、野村證券の営業から資料が届き、先日紀伊國屋で資料として購入した書籍はほとんど使い物にならず、代わりに書棚にあった別の本がとても役に立ち、久しぶりに万年筆であれこれ書いてアイデアを出し、0.3mmのシャープペンシルも使い、ほうじ茶だの番茶だのをがぶ飲みし、15分だけ昼寝したら妙な夢を見たけど内容はさっぱり思い出せず、「五時に夢中」は内藤聡子が番組卒業、後任は元日テレの上田まりえで、日が暮れてから晩ゴハンを買いに駅まで出て、ついでに西友のペット売り場に行ってセキセイインコを見たりして、家にいればここ一年以上、常に亡くなった愛猫花子に話しかけていて、年末になくなったぷっちゃんにも話しかけていて、夕闇の中を早歩きで帰宅し、なんやかやしているうちに晩ゴハンの中華弁当を食べ終え、空心菜の炒め物をプラスしたのだがこれは空心菜じゃなくてセリじゃないかな、と思ったものの確認する方法は店に問い合わせる以外にはないから面倒で問題をそのまま放置し、ニンニクくさいゲップが出るよ、と思っていると、妻が帰ってきて、おみやげに「かまわぬ」の柄の手ぬぐいをもらって満足、ゴキゲンでエアロバイクを漕ぎ、漕ぎながらクリストファー・ヤングという人の力作『デイヴィッド・シルヴィアン』を読んだ、と書き連ねていったら意外に仕事以外のこともしていることに気づいた。

 

デイヴィッド・シルヴィアン (ele-king books)

デイヴィッド・シルヴィアン (ele-king books)

 

 

 

癒しの塗り絵 ねこマンダラ

癒しの塗り絵 ねこマンダラ