わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

佐伯一麦「山海記」(2)

「群像」2016年5月号掲載。語り手の水害地を巡る旅はつづく。旅の途中で思い起こされる震災の記憶、そして被災地である東北の、蝦夷としての歴史。歴史的には日本という国の外部と扱われていたという事実と、復興に対する国などのスタンスが、どうしても重なりあってしまう。

 

群像 2016年 05 月号 [雑誌]

群像 2016年 05 月号 [雑誌]

 

 

佐伯一麦の作品はこちら。