わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

片岡義男「短編小説をめぐる3つの短篇」

「群像」2016年6月号掲載。

「金曜日の幸せなグラッパ」。小説家が短篇小説を着想する過程、と書くと孤独な感じがするが、本作では後輩や女友だちの会話を通じて、クールかつ楽しそうに物語を紡ぎ出そうとする。片岡義男らしい展開なのだが、ホントにこんなスタイルで創作してるのかな? ついそんなことを考えてしまう。

 

群像 2016年 06 月号 [雑誌]

群像 2016年 06 月号 [雑誌]

 

 

片岡義男の作品はこちら。