わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

カズオ・イシグロ/土屋雅雄訳『わたしを離さないで』

 またまた読書再開。

 二度目の提供で体調が悪化したルースは、静かにこの世を去る。そしてついに、キャスはトミーの介護人になることを決意する。

 ここまで丹念に描かれた人間関係が、ここにきて一気に収束に向かっていく…。

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

カズオ・イシグロの作品はこちら。