わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

カズオ・イシグロ/土屋雅雄訳『わたしを離さないで』

 延長を求めてマダムの元にやって来たトミーとキャスは、ついにヘールシャムとは何だったのかを知る——。

 クローン技術の倫理的問題はずいぶん前から指摘されていたが、こうして物語化されると、問題のリアルな重さに押しつぶされそうになる。

 

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

カズオ・イシグロの作品はこちら。