わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

磯崎憲一郎『世紀の発見』

 表題作、読了。帰国し妻子をもった主人公は、母の奔放さと老いの両方を受け容れきれず、さて、というところで作品は謎の終わり方をする。読者はいったいどう受けとめればいいのか、まったくわからん、というところが逆におもしろい。最初から最後まで違和感づくし。

 

 

世紀の発見 (河出文庫)

世紀の発見 (河出文庫)

 

磯崎憲一郎の作品はこちら。