わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

べらぼうの日

 五時三十分、ぱんぱんの膀胱をいたわるように起床。夜中に水を飲み過ぎたか。

 雨。麦次郎が外廊下に出たいというので出してあげたが、わずかな風でも横向きに流れる霧雨は、意外にしっかりと体を濡らす。麦次郎、すでに湿りはじめている。心配なのですぐに家に戻した。

 仕事。複数の案件がめまぐるしく動く。いや、めまぐるしく動かしている。

 パンで昼食。プルーンの空き瓶にミックスナッツをザラザラっと口いっぱいまで入れ、はちみつをなみなみと注いで1週間ほど放置してつくったハニーナッツをトーストに乗せるのが、べらぼうにうまい。

 午後ももちろん仕事。午前中はあれやこれやを少しやっては別のを動かし、という状況だったが、午後はひとつの案件に、腰を据えて取り掛かった。

 妻が焼いてくれたクッキーでブレイク。かつて西荻窪にあった伝説の焼き菓子店(と言っていいのかよくわからんが)、がちまい家のレシピ。オーガニックだ。べらぼうにうまいのだが、記憶に残っているがちまい家の味とはちょっと違う。レシピ指定のよつ葉バターを使ってないからかな、と妻。そうかもしれない。がちまい屋さん、フジロックに行ったら何かに目覚めたらしく、沖縄に移住してしまった(故郷なのかも)。で、今はヨガのインストラクターをしているらしい。

 十九時、仕事しながらコジコジを放鳥。首の後ろ側をくちばしのさきっちょで小さく、でも強くきゅっとかまれた。べらぼうに痛かった。

 夕食は生姜焼き。冷や奴に玉葱スライスを乗せ、胡麻油と塩をかけて食べたら、これまたべらぼうにうまかった。

 

がちまい家のオーガニックな焼き菓子

がちまい家のオーガニックな焼き菓子