わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

しかし猫には叱られる

五時二十五分、麦次郎にたたき起こされる。突然やってきて、耳元でアアアアアーン、と絶叫された。慌てて起き上がり、すこしなだめた。おしっこが出たというのに寝ているとは何事だ、と叱られている気分になる。人は、大人になると滅多なことでは叱られない。しかし猫には叱られる。何度も何度も、心を入れ替えても素行を改善しても、叱られる。

 仕事。三件ほど朝イチで最終確認をしてメールで納品する。

 麦次郎、皮下輸液170cc。

 妻は外出。ぼくは一人で、納豆めしでチャチャチャッと昼食を済ませてから外出。暑い。空の表情も光の鋭さも決して夏のものではないのだが、気温だけは一丁前に高い。今年初めて、ジャケットを着ずに出かけた。

 五反田で新規案件の打ち合わせ。情報が膨大で、かなり混乱。

 帰りがけに西友で夏用のパジャマズボンとパンツ(下着の、ね。Hanes)を購入。

 戻ってからは混乱しはじめた状況を整理。なんとかなりそう。例によってコジコジを包丁したら資料の上にウンコされた。

 夕食はスープとサラダでシンプルに済ませた。

 

 

(ヘインズ)Hanes 無地ボクサーブリーフ HM6EF301 098 ブラック×レッド L

(ヘインズ)Hanes 無地ボクサーブリーフ HM6EF301 098 ブラック×レッド L