わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

三浦雅士「言語の政治学」(1)

「群像」2016年7月号掲載。以前連載され、熱心に読み込んでいたのだがまったく単行本かされる気配のない文芸批評「孤独の発明」(オースターの作品となぜか同タイトルw)の最終章としての連載、とあるのだが、今のところ、そんな感じは全然ないんだけど。全体像として見ると補完関係にある、ってことなのかな。

 水村美苗の話題作『日本語が亡びるとき』をヒントに、言語には現地語、国語、普遍語の三種が進化的に存在し、ここにコミュニケーション、社会の発生と成熟、そして芸術の誕生、という流れを読み取ることもできる、というような考えのもとに、文芸全般(でも本当に扱いたいのは小説)について語っていこう、というような主旨なのかな、と第一回を途中まで読んだ今は思っているのだけれど、どうなんでしょ。おもしろいです。

 

群像 2016年 07 月号 [雑誌]

群像 2016年 07 月号 [雑誌]

 

 

 

孤独の発明 (新潮文庫)

孤独の発明 (新潮文庫)

 

三浦雅士の作品はこちら。