わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ただし昼に寝る

 一時三十分、四時三十分、五時三十分、と三度も麦次郎に叩き起こされる。夜の睡眠時間はだいたい五時間。妻は八時間くらい寝ている。日本人の平均が確か七時間くらいだったから、短めではあるのだろう。ただし昼食後に十五分から二十分、横になる。眠ってしまうときもあるし、目を閉じてお腹が落ち着くのを待つだけのこともある。電車の中で二十分くらい爆睡することもあるが、これは週一度程度か。これで、ショートスリーパーと言えるのかどうか。麦次郎は超ロングスリーパーだ。ただし昼に寝る。

 コジコジを起こす。与えた粟穂を食べ尽くしてしまうと、持ち歩いたりかじったりしてたっぷり遊んだあと、なぜか水入れの中に入れてしまう。今朝もひたひたにひたされていた。

 仕事。事務処理に専念。

 昼食後、有楽町へ。某外資系メーカーで会議のようなものに参加。発言する必要もなく、オブザーバー的に同席しただけ。

 荻窪タウンセブンの文具店で赤鉛筆を二本買う。「とと姉ちゃん」で編集者たちが使っていたなあ、なんて思いながら会計。

 十八時、帰宅。仕事が軽く谷間状態なので、夜は比較的のんびり過ごせた。

 

ちょっと甘えた顔をするが、すぐに叫んで人を呼びつけるじじい。

f:id:catkicker001:20160620231630j:plain

 

扇風機の上で調子に乗るアホな小学生。

f:id:catkicker001:20160620231639j:plain

 

アホな小学生の謎の儀式。

f:id:catkicker001:20160620231652j:plain