わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

佐々木敦「新・私小説論(7) 反(半?)・私小説作家たち(承前)」

「群像」2016年7月号掲載。もう、ただひたすらに小島信夫私小説論。晩年の、地の文なんだかセリフなんだかわからず、シーンも考えも渾然一体となったよくわからん作品『残光』の解説もちろっと。そして、保坂和志堀江敏幸。それから後藤明生

 小島信夫後藤明生も、方法論的な観点からは好きなのだが、そういう理屈を超えて、後藤明生の『挟み撃ち』は好きなんだよなあ。

 この連載、中上は扱わないのかな。

 

 

群像 2016年 07 月号 [雑誌]

群像 2016年 07 月号 [雑誌]

 

 

 

残光 (新潮文庫)

残光 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

雪沼とその周辺 (新潮文庫)

雪沼とその周辺 (新潮文庫)

 

 

 

挾み撃ち (講談社文芸文庫)

挾み撃ち (講談社文芸文庫)