わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

橋本治「九十八歳になった私」(2)

「群像」2016年8月号掲載。

 ボケかけた老作家が、年一回のペースで衆議院解散してるじゃねーかとぼやく、というだけの話なのだが、記憶をうまく維持できず情報の理解力の衰えも感じはじめている自分へのユーモラスな自虐と社会批判の精神(といっても社会を笑い飛ばすような姿勢)で溢れていて、短い作品なのに非常におもしろい。

 

 

群像 2016年 08 月号 [雑誌]

群像 2016年 08 月号 [雑誌]

 

橋本治の作品はこちら。