わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

変態の源泉

 五時三十分、麦次郎が騒ぐ声で目が覚める。パンパンに膨らんだ(ように感じる)膀胱をかばいつつゴハンを与え、それからゆっくりとトイレに。土曜日の珈琲色の尿がまた出るのではないか、とつい考えてしまう。出なくて当然だが、出なければ安心、しかし出なけりゃ出ないで、なんとなくさみしい。こういう感覚が世界に変態を生み出すに違いない。

 麦次郎、皮下輸液170cc。

 仕事。午前中は某ブランディング案件。女性心理に関する書籍を片っ端から斜め読みする。消費行動における男女の選定基準の違いだの、普段の思考や喜びを感じることの基準の違いだの。わかっていたつもりだが、まるでわかっていない。

 パンで昼食。

 午後は別の案件。どうしたらいいのかさっぱりわからないまま受注してしまったのだが、鉛筆を走らせたらそれなりに答えが見えてきた。

 十六時、集中力が途切れたので散歩。クイーンズ伊勢丹の周囲をぐるりと回ってから帰ってきた。暑い。蝉の声。まだツクツクホウシは鳴いていない。

 仕事再開。

 十八時ちょい前、サーターアンダギーで休憩。唇が油でヌラヌラした。

 十九時、書斎でコジコジを放鳥。ゴキゲンになって、コジちゃんコジちゃんグジュグジュグジュグジュと呟きつづけている。換羽はまだ終わらない。朝起きると、リビングの床にコジの羽毛がたくさん散っている。書斎にもチラホラと舞っている。

 夕食はトマトとセロリの炒め物。好物のひとつだ。

 

 

↓今週の「5時に夢中」のエンディング曲がコレだった。日本語タイトルは「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」。恥ずかしいけどそのまんまの雰囲気のメロディと歌声なんだよなあ。


Wham! - Wake Me Up Before You Go-Go

 

↓この時代だとこの曲が好き。


Kajagoogoo - Too Shy • TopPop

 

↓いちばんよく聴いていたのはJapanだけどさ。


japan visions of china