わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

TCPP損傷

 五時三十分起床。昨日から微かに痛んでいた左手首、たいしたことないだろう、ひねったり転んで手をついたり、といったことはまったくないのだから、と気にせずなんやかんや、料理をつくったり掃除をしたり、としていたのだが、今日になって症状が悪化。手首を動かしたりねじったり(といっても10度とか20度くらいなもんだ)するたびに、アイタタタ、とつい声が漏れるありさま。それでも午前中は身支度も掃除も猫と鳥の世話もきっちりこなし、キヤノンのプリンタの保守担当者の来訪もしっかり対応し、と必要なことはすべてこなしたのだが、昼食で茶碗が持てないという情けない状況に陥り、こりゃあかん、と午後は(さいわい仕事はある程度余裕があったので)整形外科に駆け込んだ。診察結果はTCPP損傷。手首の外側の軟骨だか靱帯だかが炎症を起こしているとのことだった。安静、とにかく左手を極力使わない、というか曲げないようにすることが第一、これがなかなか徹底できないから、大抵の場合は症状が長引く、と言われてしまった。あーあ。

 夕方は仕事再開。

 夕食はカレーの残りにトマトジュースを足してカレー風味トマトスープにアレンジ。サラダは市販のポテサラでごまかした。

 

 

↓治るまでサポーターによる固定が必要。医師からもらったサポーターは親指を通さないタイプで、ここまでゴツくはない。でも調べたらTCPP損傷の人がこのサポーターでだいぶよくなったらしいので、(夏はサポーターが1つだけでは絶対にクサくなるし)ポチってみた。