わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

中上健次『熱風』

 物語の動き方がダイナミック。路地の秋幸を主人公にした一連の作品は緻密に心理描写と情景描写をつみかさねていくことで衝撃的なラストに向かって作品のテンションを高めているが、物語としては大きな動きは起こらない。『千年の愉楽』は中本一族の高貴で汚れた血のことを繰り返し述べつつ、その上に時代時代の中本の男たちのエピソードが塗り重ねられていくような構造だったけれど、本作は愚直なくらいまっすぐに物語りが進んでいく。こういう書き方も中上の熱量がダイレクトに感じられて、ものすごくおもしろい。

 

 

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)

 

 

 

 

P+D BOOKS 熱風

P+D BOOKS 熱風

 
中上健次全集〈13〉

中上健次全集〈13〉

 

 

中上健次の作品はこちら。『岬』は特に好きな作品。