わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

中上健次『熱風』

 毒味男たちは、タケオの父であるオリエントの康が生まれた「路地」へ。一人の命が失われたタイミングで、タケオとカルロスは、実は自分たちは殺人ができなかったこと、殺すことが無意味であると思っていることを、毒味男に告白する…。

 人の命があっけなく消えていく様子を読んでいると、やっぱりこれは「路地」の物語であり、大衆文学だの純文学だのは関係ない、と強く感じる。これを読み終わったら、久々に『千年の愉楽』を読み返そうかな。

 

 

P+D BOOKS 熱風

P+D BOOKS 熱風

 
中上健次全集〈13〉

中上健次全集〈13〉

 

 

中上健次の作品はこちら。『岬』は特に好きな作品。

 

 

 

 

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)